ホームページ制作のことなら、横浜のWeb制作会社スタジオFIXへご相談ください。

ホームページ制作

当サイトのWebページは、W3C基準に準拠した正しい文法で書かれていることが検証されています。

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!

神奈川県全域・東京都全域のホームページ制作に対応しています

東京都23区 東京各市町 横浜市 (鶴見区・ 神奈川区・ 西区・ 中区・ 南区・ 保土ケ谷区・ 磯子区・ 金沢区・ 港北区・ 戸塚区・ 港南区・ 旭区・ 緑区・瀬谷区・ 栄区・ 泉区・ 青葉区・ 都筑区) 川崎市 (川崎区・ 幸区・ 中原区・ 高津区・ 多摩区・ 宮前区・ 麻生区) 横須賀市 平塚市鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 相模原市 三浦市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 南足柄市 綾瀬市 大井町開成町 中井町 松田町 山北町 箱根町 真鶴町 湯河原町 愛川町 清川村 大磯町 二宮町 寒川町 葉山町

Web標準(Webスタンダード)

Web標準(Webスタンダード)とは、文書構造と装飾要素分離した制作方法で、誰でもアクセスすることが出来る、どんな環境下でも同じレイアウトで利用することができるユニバーサルデザインのWebサイトを構築すること。

数年前に作られたホームページのほとんどが、(X)HTML + CSS 形式のWeb標準に準拠していないため、今後多くのWebサイトががWeb標準化に向けて確実に進むことが予想されており、現在のWeb制作の中で最も現実的な課題として「Web標準に準拠すること」が取り上げられています。


人にも検索ロボットにも優しいユニバーサルデザインのWebサイト構築

図:Web標準とは

Web標準のメリット

Web標準に準拠することで

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)
  • htmlファイルの軽量化
  • htmlファイルの読み込み速度の高速化
  • 更新作業におけるメンテナンス性の向上
  • アクセシビリティの向上

などのメリットを実現することが可能になるため、昨今のホームページ制作においてWeb標準に準拠したホームページ制作が重要視されています。

文章の論理構造化(マークアップ)

Web標準に準拠する際には、文章の論理構造化(マークアップ)を行う工程があり、

  • titleタグ、metaタグの策定
  • 見出し(h1、h2、h3など)
  • 段落(P)
  • リスト

などW3Cによって勧告された文法に準拠させながら、文章の論理構造化を行います。

図:文章の論理構造化(マークアップ)

株式会社スタジオFIXでは、Web標準に準拠したサイト構築で SEO対策、アクセシビリティの向上、 軽量高速化を実現するホームページ制作を行っています。


前に戻る

このページの上へ